ブログ

 

2月6日(日) に秘書検定 2級・3級 の試験が行われます。

弊社では検定対策指導を行っておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

pc http://www.humanplanning.co.jp/test.html

なお、22日(土曜日)・29日(土曜日)のご都合が悪い方には、平日の個別対応も行っております

お気軽にご相談ください。

 

山梨 | ビジネスマナー講座、ビジネス系検定試験、社員研修のヒューマンアカデミー

〒400-0403 山梨県南アルプス市 / 〒135-0000 東京都江東区
電話番号 055-268-3377 / FAX 055-268-3378

こんにちは。

2011年が輝かしく幕を開けてからすでに1週間が経ちました。

お正月に美味しいお節料理やお雑煮をたっぷりいただいたわたしたちのお腹は

ちょっぴりお疲れのころではないでしょうか。

 

今日は1月7日、七草粥をいただく日...ですね。

でも真冬のこの時期、新芽なんてまだ出ていないんじゃないのかしら?

そう思われる方もいらっしゃると思います。

でも旧暦の新年は現在の2月頃なので、野山にはすでに草の芽が顔をだしていました。

この新芽を粥仕立てにして食べると万病と邪気が除かれるという言い伝えから

無病息災・長寿を願い

古くからわが国にも米・粟・黍・小豆など七種の穀物で粥を作る習慣がありました。

新しい芽には非常に強い生命力がある信じられ、この力を自分に取り込もうというならわしです。

1月7日に七草粥を食べる風習が一般化されたのは江戸時代以降のことです。

春の七草は、「セリ・ナズナ・ゴギョウ(母子車)・ハコベラ・ホトケノザ(オオバコ)・スズナ(カブ)・スズシロ(大根) これぞ春の七草」と言われています。

でも、実際は地域によって違ったりもするようです。

昔は、六日に野山に行って新芽を摘んできて、その夜に年神様の前で

「七草なずな 唐土の鳥が 渡らぬ先に 何草はやす 七草はやす ストトントントン」

という歌を唄いながら刻み、七日の朝、年神様にお供えをしてから粥に炊き込みました。

七草の支度については、地域によって独特の風習がのこっているところもあるようです。

また、 お正月のご馳走やお酒で疲れた胃腸をいたわために作ったとも言われていて

ビタミンを補う効果もあります。

 

7日の朝食はもう過ぎてしまいましたが、みなさんは七草粥を召しあがりましたか??

「1月7日は七草粥」 これだけではなく

なぜこの日に七草粥をいただくのかという日本の伝統や習慣をも

しっかり次世代の子どもたちにも伝えていきたいですね。

山梨 | ビジネスマナー講座、ビジネス系検定試験、社員研修のヒューマンアカデミー

〒400-0403 山梨県南アルプス市 / 〒135-0000 東京都江東区
電話番号 055-268-3377 / FAX 055-268-3378

こんにちは。

12月も下旬です。さすがに朝晩は冷え込みますね。

 

今日は、初めてお会いした人に感じる第一印象についてお話したいと思います。

 

では、質問です。

mobaq,初対面の人と会ったときの印象、つまり第一印象はどれくらいの時間で決まると思いますか?

 

考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、6秒~30秒と言われています。

いかがですか?長いですか?短いですか??私はとても短い時間だと思います。

人を見た目で判断してはいけないのですが、初対面やよく知らない人については、

見た目」から様々なことを想像して勝手に判断してしまうものです。

そしてこの短い時間で決まる第一印象は、とても強く人間の記憶に残るそうです。

ですから、第一印象は非常に重要です。

第一印象が良ければ、その後の発言や行動にもプラスに作用することがあります。

もちろんその逆も・・・ということは、印象が悪いとそれだけで損をしてしまうこともあるのですね。

最近では「第二印象が重要である」とも言われているようですが、

その第二印象にも、やはり第一印象が大きく影響するのではないでしょうか。

「出会いは一瞬、印象は永遠」ですね。

 

次回は、第一印象を決定づける3要素についてお話したいと思います。

お楽しみにwink

 

 

山梨 | ビジネスマナー講座、ビジネス系検定試験、社員研修のヒューマンアカデミー

〒400-0403 山梨県南アルプス市 / 〒135-0000 東京都江東区
電話番号 055-268-3377 / FAX 055-268-3378

こんにちは

昨日の寒さrainが嘘のように今日はポカポカ陽気sun

アウターなしでも歩けるほど暖かい今年はxmasX'masxmas気分も半減しちゃいますね!?

 

さて、12月も中旬、新年をお迎えするための支度に追われる慌ただしい時期になりました。

今日は大晦日と除夜の鐘についてお話したいと思います。

 

まず「大晦日(おおみそか)」とは、1年の最後の日のことです。

ちなみに、月の最後の日は「三十日・晦日(みそか)」と言います。

大晦日と言えば年越しそば」ですよね。

では、大晦日に蕎麦をいただくのはなぜでしょう?

蕎麦は細くて長いですよね。

この形状にちなんで、蕎麦は延命や幸せが長く続くことを祈る縁起物とされています。

また、その昔、金銀細工師が手についた金箔をとるためにそば粉を練って使ったことから、

蕎麦は金(きん)を集めるという意味もあるんですよ。

それから、蕎麦は人間の五臓の毒をとる効果がある言われています。

このような理由から、大晦日にそばをいただくようになったんですね。

 

そして大晦日の晩、聞こえてくるのが108つの「除夜の鐘」です。

大晦日の晩に鐘を107つ突き、最後のひとつを新年に突きます。

そして108つ目を突き終わったところで「おめでとうございます」とご挨拶をします。

では、除夜の鐘を108回突くのはなぜでしょうか?

人間には108つの煩悩(悟りを妨げる心のけがれ)があると言われています。

その108つの煩悩を払う意味で、108回の鐘を突きます。

また、1年12か月24節気72候の数字の合計で、

1年の季節分類を総合した表現だとも言われています。

 

いかがですか?

みなさんがよく知っているお話もあったと思いますが、

逆に「へぇ~」と唸ってしまうようなお話もあったのではないでしょうか。

今年も残すところ17日。

遣り残したことを抱えたまま新年を迎えることのないようにしたいですね。

 

山梨 | ビジネスマナー講座、ビジネス系検定試験、社員研修のヒューマンアカデミー

〒400-0403 山梨県南アルプス市 / 〒135-0000 東京都江東区
電話番号 055-268-3377 / FAX 055-268-3378

 

昨日、山梨県立農林高等学校1年生を対象に、第5回ビジネスマナー講座を開催いたしました。

 

今回のテーマは、「退室の仕方」です。

2010_1208_134147-P1010226.JPG

面接が終わったら椅子から立ち上がり、逆3ステップで椅子から出ます。

そして面接の時間を取っていただいたことのお礼を伝え、左足footから退きます。

ドアの前で立ち止まり「失礼いたします」と言ってから会釈をして

ドアを開けて左足footから退室します。気が付きましたか??入室は右足footでしたよね。

進む・上るときは右足から、退く・下りるときは左足からなんですよ!!

 

それからもうひとつ。

退室するときの挨拶は「失礼いたしました」ではなく「失礼いたします」です。

退室のときは、「これから退室いたします」「失礼させていただきます」という意味で

「失礼いたします」と言うんですね。

「失礼いたしました」は相手に対して何か失礼なことをしてしまったときのお詫びの言葉です。

 

生徒のみさなんは、本当に楽しそうに生き生きhappy01と授業に参加してくださいました

そして、ただ楽しむだけでなく

わたくしどもが伝えたいことをしっかり理解して実行してくださいました

一人ひとり、体を使って楽しみながら身につける。

こうして身についたマナーが、生徒の未来に少しでもプラスに作用してくれたら幸いです。

 

 

 

 

 

山梨 | ビジネスマナー講座、ビジネス系検定試験、社員研修のヒューマンアカデミー

〒400-0403 山梨県南アルプス市 / 〒135-0000 東京都江東区
電話番号 055-268-3377 / FAX 055-268-3378

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

ヒューマンプランニングのカテゴリー

ビジネスマナー講座

ビジネス系検定対策コース

※各検定試験の受験を希望される方は、(株)ヒューマンプランニングへ受講料を添えて直接お申込みください。

ビジネスマナー検定

就職・再就職を応援

ビジネスマナー講座

ビジネスマナー講座写真

あいさつから電話のマナー、訪問のマナー、来客の対応、文書の書き方などビジネスマナーを身につけて「企業がほしがる人材」に!

コミュニケーション講座

コミュニケーション講座写真

自分の持ち味を生かして採用につなげるために、相手に好印象を与えるコミュニケーション術を身につけよう!

管理者用